浪曲ニュース

「第52回 豪華浪曲大会」開催!

協会主催

 

毎年恒例の一般社団法人 日本浪曲協会主催による

第52回 豪華浪曲大会が、

10月11日、東京の浅草公会堂で開催されました。

 

この日の東京は秋らしい穏やかな気候で、まさに浪曲大会日和となりました。 そして、日本全国から集まった浪曲ファンが午前11時から午後7時まで 8時間に及ぶ、総勢25名による顔見世公演、年に一度の浪曲の祭典を満喫いたしました。その様子をリポートいたします。

 

今年の大会はふたつの特別企画が用意されました。

ひとつは「ザ レジェンド芸歴70年超え師匠ありがとう」と題された企画で、浪曲人生70年を越える4名の師匠の皆様をご紹介するとともに、舞台でその至芸をご披露願おうというものです。

 

もうひとつは「ザ 同時襲名2018」です。富士路子改め 五代目 東家三楽、東家若燕改め 四代目 柳家小柳丸の襲名披露口上に続いてお二人の口演が披露されました。

 
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

まず 「ザ レジェンド~」のトップは 玉川祐子 師匠

大正11年生まれの96歳というご高齢とは思えない若々しさで、背筋は伸び、声にも肌にもツヤがありました。「浪曲コント」と題して玉川太福さんをお相手に、祐子師匠の入門当時の思い出を楽しく聴かせてくれました。

 

 

次に登壇されたのは 沢村豊子 師匠

演題は玉川奈々福さんの新作浪曲「豊子と奈々福の浪花節更紗」。奈々福さんが豊子師匠との初共演から16年に及ぶ「特別な師弟関係」を、豊子師匠の糸に乗せて楽しく、たっぷりと聞かせてくれました。

 

 

三人目は 浜乃一舟 師匠

曲師・伊丹秀敏 師匠としての活躍はご存知の通りですが、今日はお弟子さんの東家 美さんを曲師に迎えご自慢の喉をご披露いただきました。演題は加賀屋歌右衛門と土生玄碩の男の友情でお馴染みの「男の花道」、まさに感動の一席でした。

 

 

最後に登場されたのは 国本晴美 師匠

お弟子さんの国本はる乃さんと「瞼の母」をご披露いただきました。晴美師匠と孫のようなはる乃さんとの掛け合いが絶妙で会場は実に楽しい空気に満たされました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

特集企画のふたつ目は、同時襲名披露の口上からスタートしました。

緞帳が上がると、浅草公会堂の広い舞台いっぱいに、日本浪曲協会幹部の皆様が列座されていました。大名跡の同時襲名に相応しく実に壮観でした。司会進行は東家一太郎さん。

ご列座された皆様は、舞台上手より、玉川奈々福、澤 順子、天津ひずる、天中軒雲月、佐藤貴美江、澤 孝子、東家三楽、柳家小柳丸、東家浦太郎、三門 柳、沢村豊子、玉川みね子、花渡家ちとせ、東家孝太郎、玉川一太郎の皆様でした。

 

まず日本浪曲協会相談役の東家浦太郎 師匠、澤 孝子 師匠による襲名披露の口上があり、続いて襲名を寿ぐ三本締めを客席と一体となって盛大に行われました。

 

 

いよいよ待ってました! 

四代目 柳家小柳丸 師匠の「亀甲組 木辻乗り込み」

五代目 東家三楽 師匠の「南部坂雪の別れ」

が襲名口演として披露されました。おふたりとも大名跡襲名直後の緊張感漂う中、堂々たる舞台で、今後のご活躍がますます楽しみに感じられました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

そして「豪華浪曲大会」は今年も大盛況のうちにお開きとなり、今後も浪曲界の益々の発展を楽しみに感じた一日になりました。

最後に、浪曲協会の皆さんが勢ぞろいで記念撮影 笑顔でパチリ!

 

第52回 豪華浪曲大会データ

2018年 10月11日(木)/台東区立 浅草公会堂

第一部 
東家孝太郎  (曲師:水乃金魚)    「長兵衛嫁取り」
木村勝千代  (曲師:沢村豊子)    「慶安太平記〜箱根山」
東家一太郎  (曲師:東家 美)    「阿漕ヶ浦」
花渡家ちとせ (曲師:玉川みね子)   「神田松」
澤 順子   (曲師:佐藤貴美江)   「鶴女房」
三笠優子   (曲師:伊丹秀敏)    「木曽の旅笠仲乗り新三」
 
第二部 〈ザ レジェンド芸歴70年超え師匠ありがとう〉
玉川祐子・玉川太福           「浪曲コント」
沢村豊子・玉川奈々福          「豊子と奈々福の浪花節更紗」
浜乃一舟      (曲師:東家 美) 「男の花道」
国本晴美・国本はる乃(曲師:伊丹 明) 「瞼の母」
 
第三部 〈ザ 同時襲名2018〉
襲名披露口上
港家小柳丸  (曲師:佐藤貴美江)   「亀甲組・木辻乗り込み」
東家三楽   (曲師:伊丹秀敏)    「南部坂雪の別れ」
天津ひずる  (曲師:伊丹秀敏)    「母の罪」
天中軒雲月  (曲師:沢村豊子)    「若き日の小村寿太郎」
三門 柳   (曲師:伊丹秀敏)    「唄入り観音経」
東家浦太郎  (曲師:伊丹 明)    「鰺の便り」
澤 孝子   (曲師:佐藤貴美江)   「一本刀土俵入」
 
 
◉主催:一般社団法人 日本浪曲協会 〈http://rokyoku.or.jp〉
◉企画・構成:豪華浪曲大会実行委員会