浪曲ニュース

【体感! 木馬亭】9月番組 配信開始

体感!木馬亭

 

2018.9月 撮影分の番組を映像公開しました! 

こちらからご覧ください


 

 

皆さま、いつも「浪曲×Tファン」ご愛顧いただき誠にありがとうございます。

お待たせしました!『体感!木馬亭』最新映像公開のお知らせです。今回は、9月1日(土)に浅草木馬亭で行われた定席の模様をお送りいたします。ご出演の皆さま、演目は以下の通りでございます。

 

 

1  富士綾那「重の井子別れ」

 曲師 沢村美舟

 

2  澤 雪絵「夢の女」

 曲師 佐藤貴美江

 

3  天中軒涼月「若き日の小村寿太郎

 曲師 馬越ノリ子

 

4  国本晴美「源太しぐれ」

 曲師 伊丹秀敏

 

5  東家若燕「誓いの証文」

 曲師 沢村美舟

 

6  澤 順子「素麺を煮る内蔵助」

 曲師 佐藤貴美江

 

7  天中軒雲月「決闘巌流島

 曲師 伊丹秀敏

 

 

1 富士綾那さん、「重の井子別れ」、曲師は沢村美舟子さん。
原作は近松門左衛門の人形浄瑠璃ですが、歌舞伎でもお馴染みの演目です。由留木家の息女調姫の乳母重の井は東下りの途中、実子与之助と出会います。しかし、姫への忠義のため、重の井は親子の名乗りを断ります。泣きながら分かれる母と子が涙を誘います。

 

2 澤雪絵さん、「夢の女」、曲師は佐藤貴美江さん。
古典落語の「夢の酒」を大西信行さんが浪曲に脚色した演目です。別題を「夢の悋気」という 通り、夫が見た夢の中に出てきたという向島の美女に嫉妬する若妻が巻き起こす騒動を描いた作品です。若妻と舅とのやり取りが可笑しく、またファンタジックでもあります。 

 

3 天中軒涼月さん、「若き日の小村寿太郎」、曲師は馬越ノリ子さん。
この浪曲は明治時代の外交官で外務大臣も務めた小村寿太郎が、若き頃、明治新政府内で大臣と対立して失職、その間、彼を支えた魚平という仕出し弁当屋との交流を描いた感動作です。詳しい作品解説は「稲田和浩 浪曲解説」をご覧ください。

 

4 国本晴美さん、「源太しぐれ」、曲師は伊丹秀敏さん。
源太は、甲州上野原の居酒屋で若い女義太夫と出会います。この女は酒の代金を払えず亭主と もめていました。源太は彼女を助け、さらに十両をやるから、これから行われる自分の婚礼に新郎の本妻だと乗り込んで、婚礼をぶち壊してくれと言うのでした。さて、その真相は? 

 

5 東家若燕さん、「誓いの証文」、曲師は沢村美舟さん。
浪花生まれの喜三郎は不貞の妻のせいで莫大な借金を背負い、これを自力で返済するために江 戸にやってきます。菓子屋では不正による汚い金を拒み、鰹節屋では一人娘の婿にと望まれますが暇を取ってしまいます。実は喜三郎は自力での借金返済を誓っていたのでした。 

 

6 澤 順子さん、「素麺を煮る内蔵助」、曲師は佐藤貴美江さん。
師匠の借金のために八百長相撲を取らなければならなくなった太刀山に大金を用立てる芸者の清香。路子さんは清香のかっこよさをまさに体感させてくれる一席です。

 

7 天中軒雲月さん、「決闘巌流島」、曲師は伊丹秀敏さん。
宮本武蔵と佐々木小次郎が闘った舞台の正式な名は舟島。決闘の後、小次郎が名乗っていた巌流から巌流島と呼ばれるようになりました。この演目は武蔵の剣の道に生きる男の心情を中心に描いた重厚感あふれる骨太の浪曲です。「稲田和浩 浪曲解説」をご覧ください。

 


さて、次回の『体感!木馬亭』映像公開は10月7日(日)撮影分を予定しています。
12月下旬公開予定です。乞うご期待!