浪曲ニュース

【浪曲解説】祐天吉松 ~ 飛鳥山

浪曲解説

 

祐天吉松 ~ 飛鳥山

口演・玉川福助 三味線・沢村豊子

こちらからご覧ください

 

 

背中に祐天上人が累を解脱させた絵の刺青を入れているのが仇名となって祐天吉松。

このネタは、吉松が別れて暮らしている息子の七松と飛鳥山で再会するが、わけがあって父だと名乗ることが出来ない。故・玉川福太郎が演じた、父を慕う息子と名乗れぬ父の葛藤。玉川福助は福太郎の一番弟子である。

 

【あらすじ】

気晴らしに飛鳥山に遊びに行った吉松は、瓦投げの瓦を売る少年と出会う。話を聞くと、少年が生き別れた息子の七松だとわかる。

 

 

【祐天吉松の物語】

 

お話のもとは長編の講談である。吉松は経師屋の職人だったが、若き日に魔が刺して巾着切り(スリ)の仲間となる。両国回向院の開帳で、本郷加賀屋の娘、ぬいの頭のものを盗むが捕まってしまう。ぬいは吉松を諭して許す。吉松は巾着切りの足を洗い経師屋の職人に戻る。

吉松は加賀屋に仕事で行き、ぬいと再会する。ぬいは回向院で会った吉松に一目惚れして恋煩いになっていた。再会を喜び、加賀屋の主人も吉松を気に入り、吉松は加賀屋の婿となり、一人息子の七松を授かる。

ところがかつての巾着切りの仲間だった浪人、立花金五郎が訪ねて来て、巾着切りだった過去を種に吉松を強請る。吉松は言われるままに二百両の金を払うが、金五郎の強請りは続く。吉松は金五郎を殺そうと、四谷の土手で襲うが、金五郎は北辰一刀流、千葉周作の門人の凄腕で吉松は返り討ちに遭い、四谷の土手から突き落とされる。金五郎は加賀屋に押し込みに入り、加賀屋一家を皆殺しにし、火をつける。たまたま留守にしていた、ぬいと七松は助かる。ぬいと七松は家族と財産を失い、裏長屋に引っ越す。

吉松も命が助かるが、加賀屋一家が殺されたことを知り、金五郎への復讐を誓う。だが、このまま金五郎に挑んでも勝てるはずもない。吉松はかつての巾着切りの親分、御旦那半次を頼り、水戸家の剣客、四宮隼人のもとに中間奉公し、剣術の修業をする。

やがて、吉松は人入れ家業の親方(今でいう人材派遣業)となり、飛鳥山に遊びに行く。

その後も物語は紆余曲折し、最後は吉松が金五郎を討つ。

 

 

 

【飛鳥山】

 

飛鳥山は王子(北区)にある景勝地。今も都電が横を走るロケーションで知られる。

王子駅を降りると、無料のケーブルカーで山の上まで行かれる。

現在では、渋沢栄一博物館、紙の博物館、北区飛鳥山博物館もある。

王子には飛鳥山のほか、王子稲荷や名主の滝などの名所があり、江戸の人たちの行楽地であった。

花見の季節は今も昔も賑わう。落語「花見の仇討ち」は飛鳥山が舞台。

 

 

 

【瓦投げ】

素焼きの土器を山の上から投げる遊び。丸い土器をフリスビーの要領で風に乗せて飛ばし、谷の向こうに設置した的に当てたりして楽しむ。落語「愛宕山」でその様子が描かれている。比叡山、屋島などには今でもある。

飛鳥山でも明治16年まで行われていたが、東北本線が出来て禁止された。